管理人自己紹介

nigaoemaker 抜けるエロ漫画のネタバレサイト『えろまんが極』の管理人ヌッキーです。 オナニーのオカズに使える一冊を広める為、日々世に輩出されるエロ漫画を読み漁っています。 個人的にスッキリ出来たエロ漫画のネタバレ、あらすじを発信していきますので、興味のあるタイトルがあれば是非読んでみて下さいね♪

いますぐシコりたい方は必見!

【ヌッキー厳選!】エロ漫画ランキング


【未知の世界】手を使わず射精!?スマホ催眠音声


四畳半で密着3Pお泊り会!9話ネタバレ

【無料試し読みはコチラ】
▽   ▼   ▽

エロ漫画『四畳半で密着3Pお泊り会!』ファンのエロメンズ諸君!こんばんはヌッキーですよ!

9話を早速読み込んできましたので今回もそんなとこまで?って位ネタバレしていきますよ~♪

先ずは8話のあらすじまとめです。

賢一の事を考えすぎるあまり体調を崩してしまった麗美は学校の保健室に休みに行きます。

そこへ後を追ってきた賢一。

恋する乙女の表情をした麗美は賢一をベットに押し倒しチ〇ポを握り締めます。そして次は攻守交替…

詳しく見たい方はこちらをチェック!
⇒『四畳半で密着3Pお泊り会!8話ネタバレ』

学校の誰もいない保健室っていうメンズ憧れのシチュエーションで始まったHな行為。展開が気になるところですね。

それではお待ちかね『四畳半で密着3Pお泊り会!9話ネタバレ』をしていきますよ♪

 

賢一はベットの上で麗美の後ろに回り込むと手をアソコに伸ばします。

「お前も感じていただろ」

麗美が前回手マンでイってしまった事を知ってる賢一は強気な発言。

これを否定するかと思いきや…

「違っ…でも…どうしても気持ちいいの…」

キタ――(゚∀゚)――!!

遂にあのツンデレ麗美を攻略しましたよ~!

心も体も正直になったようですね♪

幼馴染という壁が完全に崩れ去った瞬間ではないでしょうか?

恥ずかしいけれどもっと触って欲しい。そんな気持ちを言葉に出す麗美にスゴくムラムラきちゃいましたよ~!

それではいただきま~す♪って時に、

ガラッ!!!

またもやゆかりちゃんの登場です…安定タイミング…

いつになったら麗美とのセッ〇スがみれるんじゃああああ(#゚Д゚)ゴラァ

これで夢の保健室プレイも終わりか…と思ったやいなや。

カーテン越しにゆかりがいるのもかかわらず賢一は手を休めません(;゚Д゚)!

お、おま…チャレンジャーだわ…

白々しくゆかりとカーテン越しに会話しつつ、責める責める♪

指でグイっとマ〇コを広げクチュクチュと刺激、反対の手はハリのある巨乳を攻撃!

お次はツンと勃った乳首責め。クリクリとこね回してはギューッとつまんで徹底的にヨガらせちゃってます。

声を出せない状況の麗美だが体の快感には勝てず、目を潤ませながら小声でんーんー。

これバレてるだろ…

ラストは膣奥まで指をズブン!たまらず麗美は絶頂!!

ベットの上でビクビク痙攣しちゃいました(*´д`*)

事を終えた賢一は「ここで休んでればそのうち回復するよ^^」とゆかりに話し、保健室を後にしました。

この時賢一の息子はギンギンになっていなかったのかは謎です( `・ω・) ウーム…

残念ですがまたもや麗美との本番はおあずけとなってしまいましたね…

いつになったら手マンフレンドからセフレに昇格出来るのでしょうか??

そんなこんなで、また夜になり場所は賢一のアパートに移ります。

昼間の事で気持ちが落ち着かない麗美はお風呂へ。残ったのはいつもの2人です。

麗美がいなくなるや、清純派のゆかりちゃんがなんとエロモードに変貌!!

いきなり賢一にキスをし、トロけた目をしながら濃厚に絡みついてきます。

以前Hの時、「気持ち良すぎてハマっちゃいそう」と発言していただけにゆかりは完全にセッ〇スという行為が好きになってしまったようですね。

おしとやかな娘がどんどん淫乱になるってのは男として優越感に浸れます。

「オレのがそんなに欲しいのか?」ってね♪

ハーハー言いながら自分を止められないゆかりは、

「今なら2人だけだよ…」

と言いながらブラジャーを捲り美乳を自らさらけ出す。

お誘いキッタ――(゚∀゚)――!!

男ならマジでドキっちゃいますよね♪

この後、麗美がいない事を理由にHが始まっちゃうのかどうなのか?

そして3人の複雑な関係に進展は??

次回10話に期待しつつ『四畳半で密着3Pお泊り会!9話ネタバレ』は終わりになります。

スマホ電子コミックサイトの「コミなび」でなら無料立ち読みで本編の一部を誰にもバレずに観覧出来ますし、1話たった60円でオナニーのオカズが手に入ります。

今作品に興味がある方は是非マイスマホで見ちゃって下さいね♪

 

【無料試し読みはコチラ】
▽   ▼   ▽

コメントを残す